色々な事情があり、自分ひとりではどうしてもダイエットできないという女性は多いものです。

まあ、人間だれもそんなに強いものではありませんから、ひとりで頑張れるときもあれば、ひとりでは頑張れないときもあります。

そんなとき頼りになるのが、私のようなパーソナルトレーナーと言われる業者だったり、もしかしたら、○○インストラクターだったり、エステシャンだったりという専門家です。

でも結果に差が・・・・??

というか、専門家に頼んだのに結果が全く??

ということは事実多々聞くことです。

原因その1。

まずは、ダイエットさせるツールの問題。

はっきり言ってしまえば、そこが間違っていてはどうにもなりません。

原因その2。

ツールの精度の問題。

いくら基礎代謝上げるため筋トレといったって、その人に合った種目の選択やアレンジがなければ全く意味がありません。たとえば、同じスクワットという種目でも、Aさんには効くけど、Bさんには筋肉はつくはつくが脚が筋肉で太くなってジーンズが履けなくなってしまうということも多々あります。

ふくらはぎを細くしたいということでふくらはぎの筋トレをやりましょうなんてレベルの幼稚なアプローチでははっきり言って女性ボディメイク的には全くナンセンスもいいところです。

同じく お腹凹ましたかったらといって毎日腹筋100回やりましょうなんていうアプローチも女性ボディメイク的には問題外、ナンセンスもいいところです。

原因3。

人物の問題。

いくらダイエットの知識が正しくて知識レベルが高くても、ダイエットを良く知っていることとダイエットさせることができるとは限りません。

これが意外な落とし穴であり、よく見落としがちな点。

数学の卓越した知識と奥深さと楽しさをよく知っている数学の大学教授だからといって、受験数学で偏差値50の受験生を短期間で偏差値80にしてあげることができるとは限りません。

目的が受験であるのなら、受験に受からなければ専門家に頼んだ意味が全くないものではありませんか?

受験に受からせるには、専門知識に加え、受からせるための知識と技術が必要です。

いくらフィットネスをよく知っているインストラクターだからといっても、ダイエットさせられることとは次元が異なります。

筋トレ経験が長く、筋トレを正しく丁寧に教えられるからといって、ダイエットさせられるとは限りません。

手前味噌ながら、私は、「ダイエットをよく知っている人と、ダイエットをきちんとさせられる人」という、この違いを良く熟知しています。そして、この当たり前なのに見落としがちな重要なポイント。

なぜか?

私は長年パーソナルトレーナー養成スクールを開催してきましたし、多くのパーソナルトレーナーと共にパーソナルトレーニング事業を行ってきて、いろいろなパーソナルトレーナーを間近で見てきましたから、それがダイエット結果を導くか導かないかという重大なポイントだということを、身にしみて良く知っているのです。

まず言えるのは、ダイエットさせてあげよう、ボディメイクさせてあげようという気持ちと行動。自分のことが最優先のトレーナーでは、いくらダイエットをよく知っていようが、いくら筋トレを知っていようが、ダイエット結果ボディメイク結果が出ないのはいうまでもありません。

「ダイエットをよく知っている人と、ダイエットをきちんとさせられる人」

意外に見落としがちな点、その違いをいま一度、ダイエットする人も、ダイエットさせる仕事に関わっている人も考えてみてはどうでしょうか?