Models Tokyo モデルズ渋谷ジム



「でもしか先生」という言葉。

いい大学は出た。

でも、職がない。

じゃあ先生にでもなるか。

というか先生にしかなれない。

という意味。

私は世代的に中高には、まだそういうタイプの先生がけっこう存在していました。

卒業後、先生としゃべり、そういう経緯で先生になったと聞かされ、何だおれの3年間返してくれーと思ったことがあります。

いまは、でもしか先生はいないと思います。

それだけ職業として熟成されたからでしょう。

トレーナーの世界でいえば、どうでしょう?

スポーツやっていたから、それに少しでも関わりたくて・・・

競技選手やっていて、それに関連することを・・・

ダイエットにも興味あるし、身体動かすこと好きだし・・・

こんな声をよく聞きますし、相談も受けます。

トレーナーという職業のきっかけとしてはよいと思います。

ただ、あくまで、きっかけ。

どんな職業でもそうだと思いますが、そこから、いかに頭を切り替え、全く別物としてとらえられるか。

恐縮ながら先輩面して、そうアドバイスさせてもらっています。

「でもしか先生」

同様の、

「でもしかトレーナー」

これでは、トレーニング受講する方としてはたまったものではありませんか??

しかも、お金もらっているのですよ??

皮肉な表現すれば、トレーナーという比較的新しい職業の世界、まだまだ職業としての熟成度足りないのかもしれません。

期待をこめて言うなら、このトレーナーという職業、まだまだ、のりしろは多いのです。