モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 美脚ランニング

トップモデルがマラソンに挑戦するため毎日ジョギングしたとしても脚が変な筋肉のつき方により脚の形が悪くなることはありません。

それはなぜでしょう?

その理由は、“モデル身体機能”といわれる身体機能がきちんと備わっているからです。

痩せても痩せてみえない場合が多々あります。

いくら、余分な体脂肪や筋肉がなく、関節角度が整った直線的な骨格があったとしても、

 ・ねじれ反発
 ・ダイアゴナル連動
 ・骨盤のあそび

の身体機能がなければ痩せてみえない・・・という残念なことになってしまいます。

そういう意味でも、

・痩せてサイズは落ちたのに、痩せたといわれない・・・

・痩せたのに、写真写すと痩せて見えない・・・

それにはちゃんと理由があるのです。それは、身体機能解剖学着て視点から、ガチガチした動きのロボット状態だからです。

がんばって痩せたのにボディメイクの最後の仕上げで次第で、痩せたように見えないというのでは努力が無駄になってしまいますね。あなたもそんな状態ではありませんか?

そのためには、ガチガチのロボット状態から、トップモデルと同じようなしなやかな動きができるような身体機能を付加していく必要があります。具体的には、〕省な脂肪や筋肉を減らすトレーニング&関節角度調整のトレーニングに、

 ・ねじれ反発 
 ・ダイアゴナル連動
 ・骨盤のあそび

という3つの身体機能向上トレーニングを付加していくことになります。

これらのねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそびという3つのボディメイクに直接影響するボディメイクに特化した身体機能向上トレーニングの身体機能解剖学的概念がないのは、ボディメイクにおいて致命的ともいえます。なぜなら、がんばって痩せたのにボディメイクの最後の仕上げで次第で、痩せたように見えないのですから。

これらの詳しいボディメイク方法を知りたい方はこちら参照を。





ランニングスタイルイベント



















雑誌Running Style ランニングスタイルさんのイベント女性のための美脚ランニング講座が3/30開催されます。

講師は私、おぜきとしあきです。

美脚ボディメイクのノウハウ満載、全力で本物のボディメイクを伝えていきたいと思います。





シェイプス Shapes ランニングスタイル 美脚ランイング 大腰筋 ラン


ランニング・スタイル 2013年1月号 Vol.46にてボディメイク監修させていただきました。

巻頭特別記事として、記録が伸びる! 確実にヤセる! "大腰筋"を鍛える"がテーマの記事です。

その内訳として、パフォーマンスアップ編とダイエット・ビューティー編があります。

もちろん、私はダイエット・ビューティー編担当です。

ランニングしているが脚が太くなって・・・

ランニング好きだけど、脚が太くなるのが心配で・・・

ランニングで美脚ボディメイクしたい!

そんな方は必読です。



↑このページのトップヘ