モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

カテゴリ: パーソナルトレーナー パーソナルトレーニング


筋トレ ダイエット

















ダイエットしたくて、筋トレしていますが痩せない・・・

女性からのこんな相談が本当に多いです。

インナーマッスルトレーニング、体幹トレーニング、スポーツジムの筋トレ、ダイエットジム、パーソナルトレーニングで筋トレ、加圧トレーニング、フリーウェイト、ビッグ3、スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、マシントレーニング、女性ボディメイクジム、女性専用パーソナルトレーニング・・・

ボディメイクやダイエットのため筋トレを一生懸命頑張っているけど・・・

でも、カラダが変わらない、きれいに女性らしくやせない、ダイエットできない、全く痩せない・・・


効率よくダイエットで痩せるには、ご存知の通り、ダイエットの基本原理である体内の70パーセントを占める基礎代謝を上げることを最優先させるのが鉄則です。

そして、基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすしかありません。身体で脂肪を燃やしてくれる組織は筋肉だからです。

つまり、効率良く痩せるダイエットには、筋肉量を増やすことです。

「ダイエット=筋肉増やす」ことですから、つまり、「ダイエット=筋トレ」に達するのは当然の帰結と言えます。

しかし、

・筋トレしているが全く痩せない・・・
・筋トレ頑張っているがダイエットできない・・・
・女性は筋トレでは痩せられないんでしょ・・・

という、筋トレしていても痩せない女性も多くいるのも事実です。

それには様々な理由が考えられますが、まずは、筋トレにも色々種類があり、それを一般人はもとより、専門家と言われるトレーナーやパーソナルトレーナーでさえ、誤解している場合が多いものです。

代表的なケースは、「スポーツ・運動機能向上目的の筋トレ」と「ダイエット・ボディメイク目的の筋トレ」です。一般的に、スポーツや運動機能向上での「筋力増強」「筋力アップ」は、「筋の肥大や体重増加を伴わず筋力を増すこと」を目的とします。ダイエット・ボディメイクのための筋肉トレーニング(筋トレ)の目的は、筋肥大です。筋が肥大すれば、筋断面積の増大に比例して筋力も増加しますが、ダイエット視点で考える場合、「筋力」と「筋肉量」、まずはこの両者の性質の違いが、明確に認識されていなかったり、認識はあっても、それを完全に区別して実際のトレーニングに落とし込めていなかったりします。

「ダイエット・ボディメイク目的の筋トレ」といえども、最低限下記にも注意が必要です。

インナーマッスルトレーニングのダイエットで痩せない理由
マシントレーニングで痩せないダイエットになる理由
フリーウェイトトレーニングで痩せないダイエットの理由
加圧ダイエットで痩せない理由は

つまり、筋肉さえ動かしていれば良いというわけではないのです。傍から見れば、筋肉さえ使っていれば、それは筋トレに見えてしまい、筋トレはどれも同じようにみえてしまうから厄介なのです。

さらには、女性がきれいに痩せるボディメイクする場合は、下記6つのボディメイク必須要素が押さえられているか、しっかりチェックした方がよいでしょう。そうでなければ、きれいな体型に痩せるダイエットや体型をきれいに整えるボディメイクは、かなり困難といえます。

  体積調整(体積増減)
  形(関節角度)
  身体機能(ねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそび)
  均整(視覚心理)
  質感
  トレンド感

詳しい方法はこちら「女性ボディメイク方法」をご参照ください。女性ボディメイク方法

遠回りなダイエット方法だったり、間違ったボディメイク方法だったりしたら、あなたの努力と時間が無駄になってしまいます。それが、ちゃんと結果がしっかり伴い、楽しく安心にダイエット&ボディメイクできるものだったら、世界中がHappyになれると心から思っています。あなたはどう思いますか?










痩せない 痩せさせてあげれない ボディメイク&ダイエット専門パーソナルトレーナー











きちんと痩せさせてあげられない自分が恥ずかしいんです・・・・

今週こんな相談がありませた。

彼女は、ある会社でボディメイク&ダイエット専門トレーナーとしてパーソナルトレーニングで痩せさせるお仕事をしているとのこと。

ただ同業社には、法人業務として対応させていただいているので、お断りせざるをえない。

心苦しいが仕方ないです。。。

でも、その心意気は素晴らしいと思います。

そういう気持ちなくなったら、パーソナルトレーナーとしておしまいと思うのは私だけでしょうか??



image


渋谷の朝の風景。

今日もボディメイク&ダイエットにおいて、堅実な女性は、“Models Tokyo モデルズ東京渋谷”を選ぶという賢い選択をされています。

ハードな運動、ハードな筋トレやれば、ボディメイクやダイエットできるわけではないですから…。








ボディメイクスタジオ・モデルズModelsTokyoでボディメイクされていらっしゃる方のご紹介です。

ファッションモデルの斎藤夏美さんです。モデルズのパーソナルトレーニングでモデルボディにさらなる磨きをかけ、最近では2013年度三愛水着イメージガール・TV出演など大活躍です。


ファッションモデル 斎藤夏美

骨盤ゆがみ 骨盤傾き 骨盤あそび










骨盤回りがガチガチに固まっている女性が以外に多いものです。

骨盤回りがガチガチというのは、関節の間のあそびがなくなってしまい動きが悪くなっている状態。

骨盤のゆがみ、骨盤前後の傾きも大切ですが、何よりも先にこの「骨盤回りガチガチ」を解決しないことには、ダイエットやボディメイクところではないのです。

つまり、「骨盤回りガチガチ」対策しないでの、骨盤のゆがみ、骨盤前後の傾き調整では残念ながら意味がないのは力学的に考えても当然であるというのは、ちょっと考えれば分かるものだと思います。

逆にこれがボディメイクトrテーニング開始して早い段階で解消されれば、見た目のシルエットや体型の変化はもとろん、体重の落ちも加速するのです。

それなのに、これって意外に忘れがちなもの・・・。

だからといって、「骨盤回りガチガチ」状態のガチガチ取るのに、いきなりバランスボールに載って腰動かして・・・ということやってしまうと、かえってガチガチを助長してしまうことになることは周知の通り。また、その状態で、BIG3といわれるバーベルなどで行うスクワット、デッドリフト、ベンチプレスなんかでトレーニングしてしまうのは、さらに、そのガチガチを助長させてしまいます。「骨盤回りガチガチ」対策しないで、骨盤の傾きやらゆがみやらのトレーニングしても、さらにガチガチになっていきます・・・。

さらには「骨盤回りガチガチ」状態で、やみくもに下半身エクササイズすることは、女性ボディメイクの場合危険です。日本人に多い下半身ががっちりした農耕民族体型の場合は特に危険です。ふくらはぎや太ももを優先的に使ってしまいふくらはぎや太ももがパンパンになってしまうからです・・・。

女性にとって、ふくらはぎや太ももがパンパンになることは嫌ではありませんか?ふくらはぎや太ももがパンパンになりたいのなら別ですが・・・。

これらのボディメイク概念とボディメイク技術がないと下半身太りはなかなか解消されないでしょう。そしてモデルのような細く引き締まった下半身にボディメイクしていくこともできません。

下半身太りをあきらめている女性が多くいっらしゃいますが、きちんとボディメイクしていけば、それほど難しくないものです。ボディメイクしているのに下半身太りが解消されないのは単に、あなたの身体に合った適切なボディメイクトレーニングができていないだけなのです。

これら下半身痩せダイエットや下半身太りダイエットの具体的なトレーニングやエクササイズ方法など詳しいボディメイク方法は、あなたのお近くのダイエットボディメイク専門家かボディメイクを手掛けているパーソナルトレーナーに聞いてみるとよいかもしれませんね。ボディメイクの専門家やダイエット専門のパーソナルトレーナーというのも増えてきました。ダイエットやボディメイクを専門家に依頼する側からすれば、その専門家やダイエットのパーソナルトレーナーといわれる方をきちんと選択する時代にきているのだと思います。これらの質問を、その専門家やダイエットパーソナルトレーナーといわれる方に投げかけてみて、きちんと答えられるか判断してみるのも悪くないかもしれません。

もちろん、私やModels(モデルズ)に来ていただくのが、一番の早道であることはいうまでもありません。



今日も多くのパーソナルトレーニング希望の方とお会いしました。

1人でも多くの方にボディメイク&ダイエットを通じてお役に立ちたいと思います。

ボディメイク擬き(もどき)にするか?本物のボディメイクにするか?







↑このページのトップヘ