モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

タグ:ふくらはぎ


「ボディメイク専門家に聞く。ふくらはぎをスリムにするストレッチとは?」パーソナルトレーナーおぜきとしあきの取材記事が、マイナビウーマンにて掲載。

http://woman.mynavi.jp/article/131108-072/

マイナビウーマン ふくらはぎ ストレッチ



ふくらはぎが太くて・・・

そんなボディメイク相談も多いものです。モデル体型にがっちりしたふくらはぎは合いませんから。

今日は、ふくらはぎのボディメイクについてちょっと詳しく解説です。

まずは、原因。

ふくらはぎが太くなっている原因としてはこれです。

1.脂肪がついて太くなっている場合
2.筋肉で太くなっている場合
3.これらが2つ合併している場合

2や3の場合、いくら基礎代謝上げてカラダ全体の脂肪を減らしていく作業をして脂肪を減らしても、ふくらはぎの筋肉が太ければ、ふくらはぎはやはり太いままなのです・・・。

ふくらはぎを直接動かすエクササイズをしてしまえば、逆に太くなってしまうことも・・・。

ではふくらはぎの筋肉の減すにどうすればよいのか?

ここでは、筋生理学的特徴としての筋肉は使わなければ退化していく特徴をフルに使う方法しかありません。なので、ふくらはぎの筋肉を使うことはしないことです。

ただ現実問題、私たちは歩かないで生活したりするのは不可能です。ましてや立ち仕事の方なら、なおさらでしょう。ふくらはぎの筋肉は、ちょっと歩く動作のときにでさえ使われてしまいます。

ふくらはぎ細くしたいのに、日常生活だけで、筋肉でふくらはぎが太くなっていく・・・

こんなことも、珍しくないケース。

ではどうすれば??

解決策は、歩き方を変えてあげることです。

「意識して、ふくらはぎの筋肉を使わないように歩いてみてください」

こんな無責任な指導を私はしません。意識だけで指導を片づけてしまっては、パーソナルトレーナーの存在意義はないと思います。

結論、かかと重心寄りの歩き方になるようなカラダにし地面を蹴りだす動作をしないない「骨格関節角度」にすること。

その具体的な解決方法として考えられるのは、力学上、骨格の関節角度を変えること。理論的には、筋肉で太くなったふくらはぎは、ふくらはぎの筋肉を使わないようにし筋肉落とし細くすることで細くすることは可能だというのはご理解いただけることでしょう。

こういう場合、私としては、関節角度トレーニングをするしかないと考えていますし、パーソナルトレーナーとして実際のボディメイク指導で、それで多くの方のふくらはぎを解決するボディメイクを行ってきました。

詳しくはこちら

あなたはどう考えますか?

ふくらはぎにメリハリがない・・・

じゃあ、ふくらはぎのトレーニングしよう〜。

こういう発想だけでは、ふくらはぎが、モリモリ・・・??

これでは困ってしまいます。特に女性は。

だから、メリハリになるきっかけを作ってあげるという目的のトレーニングが必要です。

ボディメイクのためのトレーニングというと「筋肉を付ける」という発想になりがちですが、ここは頭の切り替えが重要。

その方法のひとつ、関節角度調節。

「ふくらはぎのメリハリ癖」のきっかけつくってあげれば、日常生活で歩いているだけで、どんどんメリハリがついてくるわけです。

その他はまたの機会に。





↑このページのトップヘ