モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

タグ:モデル


モデル体型なるにはどうしたらいいの?

と仕事柄、良く質問受けます。

ただ痩せるだけではモデル体型にはなりません。

体重減らすだけでもモデル体型にはなりません。

あのトップモデルの洗練されたボディラインの秘密は何でしょうか?

それは頭から足先までつながった直線的なシルエットです。それは骨格の、直線的な関節角度が構成しているものです。結論から言えば、トップモデルのあの洗練された直線的シルエットを構成する骨格の関節角度は、モデル筋から構成されているのです。

骨格関節角度を垂直な関節角度にしていくことこそモデル体型への大前提ともいえます。

具体的方法としてはご存知、関節角度調整トレーニングです。

さて、関節角度調整トレーニングでは、当然ながら、骨盤の前後の傾きだけといった一点だけでは不十分だというのは力学的にも容易に理解できることと思います。足首、膝、首など、複合的に関節角度を調整していくことがポイントとなります。




連日パーソナルトレーニング受講希望者の方と尾関が直接お会いしてお話させていただいております。

その中で、あの夏木マリさんが「夏木マリ編集長のライフスタイルマガジンNATSUKIROCK」で私パーソナルトレーナーおぜきとしあきのボディメイクを紹介していただいているとのこととお聞きしました。
http://natsukirock.com/

ご存知のとおり、夏木マリは年齢を重ねてもスタイル抜群の女優としてもモデルとしても本物中の本物です。

本物はやはり、本物のボディメイクを選んでくださったようです。大変光栄です。

夏木マリさんだけでなく賢く堅実な女性こそ、中途半端なボディメイクや中途半端なダイエットを選ばないようです。

賢い堅実な女性こそ、Modelsモデルズのパーソナルトレーニングを選ばれます。




マイナビニュースにて、「パーソナルトレーナーが考案! 忙しいビジネスパーソンのための5秒でできる簡単ストレッチ」取材掲載していただきました。

http://news.mynavi.jp/news/2013/04/17/045/index.html

女性ボディメイクに必須の「ねじれ反発」トレーニングの要素をストレッチとして一般化してみました。

ねじれ反発がストレッチに??

もはやモデルボディメイクにおいて、ねじれ反発は必須の時代です。詳細はこちら


下半身ががっちりしていて・・・。

痩せたはいいが、下半身のボリュームだけは変わらない・・・。

そんな女性が多く、私のところにボディメイク相談にきます。

きれいな脚になりたいから、トレーニング始めたのに、「いかにも下半身の丈夫そうな農耕民族体型っ〜」って感じになって・・・。私、純粋な日本人なので・・・。

そうなんです。

彼女の言葉は、非常にポイントを突いているのです。

一般的には、脚細くしたいから、脚のエクササイズを多くする。

結論からいえば、これは正解であり、不正解でもあるのです。

かといって、当然、運動は必要不可欠。

食事制限だけでは、他人から一目置かれる体型はできないのです。

トレーニング無しなんてナンセンス!

と言い放つところは、さすが彼女、職業がモデルさん、当然分かっていらっしゃいます。

さて、なんだかんだいって、ここがボディメイクの難しいところ。

つまり、農耕民族が、ポイントを押さえずトレーニングすればするほど、下半身がっちりしてしまい、ますます農耕民族の体型から抜け出せない。20年この仕事してきた私だからこそ言えることですが、一生懸命でまじめな女性だからこそ、陥る落ちし穴だと思います。

外見のシルエットは、身体の全体の関節角度から成り立っています。

ボディメイクにこの考えがないと、もうどうにもなりません。

遺伝的に、私の家系は農耕民族体型で・・・。

そんな要望には応えられません。

逆に、身体の全体の関節角度をちょっといじってやれば、遺伝だからしょうがないと諦める必要も当然なくなるわけです。

さて、そんなことを言っていた彼女も、今では、私のボディメイクに大満足。

2か月も経たないうちに、ただ細いだけでなく直線的なシャープなシルエットが完成。

トップモデルの仲間入りも、もう目前ということです。

よかった!よかった!


A lower part of the body does it solidly and big...

I got thin,but the volume of the lower part of the body do not change...

There are many such women and comes for "BodyMaking" consultation to me.

Though they began training because they want to become the beautiful leg, "farming race fugure ... which seems to be strong of the lower part of the body, and ... . So I'm japanese...

That's the Point.

Her words point out the point very much.

It's generally increasing the exercise of the leg because getting slim legs

If I speak it from a conclusion, this is a correct answer, and it is a non-correct answer.

Naturally the exercise is essential.

Only by food dieting, People do not have the figures surprised by another person .

Nothing training, what nonsense!

is her strongly saying.

That's just what one would expect of the Model occupation.She understand it well.

By the way, here are what the BodyMaking is complicated.

In other words as much as people train without considering to the farming race point, they have a lower part of the body solidly and big, and they cannot get away from the figure of the farming race like japanese more and more.

The silhouette of the appearance consists of a physical total joint angle.

If body make does not have this thought, People do not become it simply anymore.

My family is ... with farming race figure hereditarily.

It is not met such a demand.

On the contrary, naturally you don't need to give it up it because it is heredity disappears if I adjust a physical total joint angle a little.

By the way, she who said such a thing is satisfied very much with my "BodyMaking" now.

Within two months, the sharp silhouette which is not only thin.

She seems to join the top model.

It was good! It was good!





本日は、トップモデル事務所サトルジャパンのモデルプロテスト&モデル養成美人塾の卒業発表会でした。

この日のために3か月間頑張ってきました。

数あるモデル事務所の中でも、このサトルジャパンさんは、モデルさんやモデルを目指している女性に対して手厚さは一番だと感じます。事務所に所属している所属していない、モデルであるモデルでない、分けめなく接してあげていらっしゃっています。

社長をはじめ、モデルさんひとりひとりへの思いやりや親身なケアが素晴らしいのです。

変な表現で言えば、おせっかいしてあげられる人間的許容量の大きさ。

なかなかできることではありません。

見習いたいものです。

さあ、このプロテスト、光栄なことに、私も審査員のひとりとして参加させていただきました。

私の役割は、モデル体型に仕上がっているか審査です。

生徒さんの中にはこの美人塾の私のモデルボディシェイプクラスで体型が良くなってファッションを今まで以上に楽しめるようになったとのこと。

服を買いにいき、試着する際、いままではLサイズから試着していってサイズを下げていったけど、いまでは、まずSサイズをはじめに試着できるようになったとのこと。

彼女、本当にうれしそうでした。

顔が輝いていました。

ボディに磨きがかかれば、服が楽しめるだけではないのです。

それは本物のボディメイクだからこそ。

3か月間頑張ったあとには、ご褒美しないと。

さあ、打ち上げです。









本日は赤坂で某有名芸能人へのボディメイク指導のTV撮影でした。

ボディメイクといえば、やっぱり尾関とのこと。

ありがたいことです。

撮影に来ていたモデルの女性たちも、私尾関のこと知っていてくださり撮影はスムーズ。

詳しくは放映後に。

それにしても、日曜日の赤坂は静かでいいですね。



本日は美人塾プロモデルクラスの指導でした。


生徒さんのプロテストも秒読みになってきています。


みんな頑張っています。


ふと空を見ると、きれいな夕暮れを見つけました。



生徒さんもこのようにさらに輝いてきました。


ボディに磨きがかかれば、おのずと人間としても輝きます。

実家に用事が入り、急遽、愛知へ。

いつもは新幹線ですが、例の新幹線故障のため、何年かぶりに車で愛知へ。

事故の記事はこちら

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001001300004
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010020202000045.html

帰りも当然、車です。

ひさしぶりに一人での遠距離ドライブ。

帰りは東名の浜名湖ドライブインで休憩してみました。



景色もなかなか。



こんなものも売っていました。

どんな味なのでしょう?



ドライブインに寄ると、気軽に旅気分になれますね。

映画・風と共に去りぬでのレッド・バトラーの言葉。

「旅は人の心を大きくするというからな・・」を思い出します。

ダイエット&ボディメイク専門のスクールがあります。

ありがたいことに、ここ数カ月、お申し込みがShapesgirlパーソナルトレーナースクールには本当に多くなっています。関東近郊はもちろん、関西・九州・中部と地方からの入学も非常に多いです。

受講生を大きく分けると、2タイプになります。

1.ダイエット・ボディメイクの仕事で人に役立ちたい

2.仕事にはしないが、ダイエット・ボディメイクを学びたい

どちらにしろ、きちんとしたものは一度学べば一生使えます。

中途半端なものだと、残念ながら勉強した気にしかなりません。

今期からオリジナルテキストも、さらに一層充実した形で完成させ、より分かりやすく、一生使えるよう、身体面・食事面と毎週木曜日に座学講義を行っています。

もうひとつ、スクールが他のダイエット関連の講座と違うのは、エクササイズ面の実技があること。

何と言おうとも、人間の身体生理機能からして、食事面だけでは限界があります。ボディメイクにとって、エクササイズ面を外すわけにはいきませんので。
エクササイズ面がなければ、嘘になってしまいますからね。

今日は妻が急用のため私が保育園へお迎えです。朝一から午前中、原宿でパーソナルトレーニング指導を終え、ジムで打ち合わせ、そして長男の学校の授業参観、その足で町田へ。

やっと渋谷へ戻ってきました。

西郷山公園付近高台の某所からの景色です。

雲一つないから綺麗ですね。

朝の代々木上原です。

日曜日朝なので町も静かですね。

さあ、いまから、サトルジャパンさんの美人塾のボディメイククラスです。



12月のモデルプロテストに向けて秒読みの時期になってきました。講師としても非常に気が引き締まります。みんな、がんばれー!

本日は朝一でモデル事務所サトルジャパンさんのモデル養成講座美人塾でのボディメイク指導がありました。もうこれ以上痩せる必要ない方は、12月のプロテストに向け、ボディメイクも最終調整の時期にさしかかってきました。モデルさんにとって細いのは最低条件、そこから先のボディメイクの概念が大切なのです。



身体の形はジョイントアングル(関節角度)で形成されています。

そのジョイントアングルを形成しているのは筋肉です。

取材などでも良くご質問受けることですが当然ながら、マッサージ・整体・骨盤調整などでは無理です。筋肉への適切なアプローチがなければなりません。いくら筋を緩めても筋圧を高めても解決にはつながりません。むやみに筋トレすれば良いというものでもありません。

ボディメイク情報が氾濫しています。

ご自分のカラダに合った最短距離のボディメイクは何か?

詳細はお気軽にきいてください。




とあるレストランで、トップモデルのAYUMIさんバッタリ遭遇。
中央は私の次男。
彼女も数年前ボディメイクされ、本格的にモデルデビュー。
活躍されているそうで良かったです。
ちょうど、この日は彼女の担当パーソナルトレーナーの誕生日でもありました。何かの縁の日なのかもしれませんね。

モデルの宗像鮎美さん、Ozeki'sパーソナルトレーニング開始することになりました。

彼女は、もうすでに一流モデルなのだが、世界レベルのショウモデルを目指して、Ozeki'sボディメイクを本格的にパーソナルトレーニングで開始することになったのです。

ボディメイクで切っても切り離せないのが、食事。

今日は、本格的なボディメイクトレーニング前に、食事のポイントを1対1でぎゅっと濃縮した形でセミナーいたしました。


彼女の現在の食事状況を聞くと、悪くないレベルではありましたが、まだまだ世界レベルの食事には、ほど遠い状態・・。

でも大丈夫、彼女は今まで断片的な情報を頼りに手探りでやってきたので、ただ単に、世界レベルの戦法を知らないだけです。まずは基本をお伝えし、ボディメイクしていく過程でカラダの様子みながら調整する戦法でいきます。

知らないというのは怖いものです。逆に知れば、成功のレールに乗っかれる。知ることに対して、ほんの少しの時間とエネルギーを注がないで、無駄な時間を過ごしている人が世の中の大部分を占めている。だから、知れば、大部分の中から抜け出せるので、簡単に成功する。もったいないことです。そんなこんなで、彼女は、遅かれ早かれ、間違いなく世界レベルに変わるので、今から楽しみです。

↑このページのトップヘ