モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。

タグ:加圧トレーニング


筋トレ ダイエット

















ダイエットしたくて、筋トレしていますが痩せない・・・

女性からのこんな相談が本当に多いです。

インナーマッスルトレーニング、体幹トレーニング、スポーツジムの筋トレ、ダイエットジム、パーソナルトレーニングで筋トレ、加圧トレーニング、フリーウェイト、ビッグ3、スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、マシントレーニング、女性ボディメイクジム、女性専用パーソナルトレーニング・・・

ボディメイクやダイエットのため筋トレを一生懸命頑張っているけど・・・

でも、カラダが変わらない、きれいに女性らしくやせない、ダイエットできない、全く痩せない・・・


効率よくダイエットで痩せるには、ご存知の通り、ダイエットの基本原理である体内の70パーセントを占める基礎代謝を上げることを最優先させるのが鉄則です。

そして、基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすしかありません。身体で脂肪を燃やしてくれる組織は筋肉だからです。

つまり、効率良く痩せるダイエットには、筋肉量を増やすことです。

「ダイエット=筋肉増やす」ことですから、つまり、「ダイエット=筋トレ」に達するのは当然の帰結と言えます。

しかし、

・筋トレしているが全く痩せない・・・
・筋トレ頑張っているがダイエットできない・・・
・女性は筋トレでは痩せられないんでしょ・・・

という、筋トレしていても痩せない女性も多くいるのも事実です。

それには様々な理由が考えられますが、まずは、筋トレにも色々種類があり、それを一般人はもとより、専門家と言われるトレーナーやパーソナルトレーナーでさえ、誤解している場合が多いものです。

代表的なケースは、「スポーツ・運動機能向上目的の筋トレ」と「ダイエット・ボディメイク目的の筋トレ」です。一般的に、スポーツや運動機能向上での「筋力増強」「筋力アップ」は、「筋の肥大や体重増加を伴わず筋力を増すこと」を目的とします。ダイエット・ボディメイクのための筋肉トレーニング(筋トレ)の目的は、筋肥大です。筋が肥大すれば、筋断面積の増大に比例して筋力も増加しますが、ダイエット視点で考える場合、「筋力」と「筋肉量」、まずはこの両者の性質の違いが、明確に認識されていなかったり、認識はあっても、それを完全に区別して実際のトレーニングに落とし込めていなかったりします。

「ダイエット・ボディメイク目的の筋トレ」といえども、最低限下記にも注意が必要です。

インナーマッスルトレーニングのダイエットで痩せない理由
マシントレーニングで痩せないダイエットになる理由
フリーウェイトトレーニングで痩せないダイエットの理由
加圧ダイエットで痩せない理由は

つまり、筋肉さえ動かしていれば良いというわけではないのです。傍から見れば、筋肉さえ使っていれば、それは筋トレに見えてしまい、筋トレはどれも同じようにみえてしまうから厄介なのです。

さらには、女性がきれいに痩せるボディメイクする場合は、下記6つのボディメイク必須要素が押さえられているか、しっかりチェックした方がよいでしょう。そうでなければ、きれいな体型に痩せるダイエットや体型をきれいに整えるボディメイクは、かなり困難といえます。

  体積調整(体積増減)
  形(関節角度)
  身体機能(ねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそび)
  均整(視覚心理)
  質感
  トレンド感

詳しい方法はこちら「女性ボディメイク方法」をご参照ください。女性ボディメイク方法

遠回りなダイエット方法だったり、間違ったボディメイク方法だったりしたら、あなたの努力と時間が無駄になってしまいます。それが、ちゃんと結果がしっかり伴い、楽しく安心にダイエット&ボディメイクできるものだったら、世界中がHappyになれると心から思っています。あなたはどう思いますか?












加圧トレーニングですが、

・加圧トレーニングに数十万かけたのにまったく結果が出なかった・・・

・むしろ前より太った・・・

・太ももや腕には筋肉ついた気がするが、全体的にムチムチして痩せなかった・・・

という女性が多いようです。

では何故、そのような現象が起きているのでしょうか?

答えはとても簡単です。

そもそも加圧トレーニングにはダイエット・ボディメイクするために必要な身体機能的要素が大幅に欠けてしまっているからです。

ダイエット基本原則

加圧ダイエット diet ボディメイク
















ダイエット・ボディメイクを行うためには筋肉を増やし基礎代謝を上げること。

なぜなら、脂肪を燃やしてくれる機関は唯一筋肉しかないからです。

その筋肉を増やすには、じっとしていても増えませんし、ただ闇雲に運動したからといって筋肉が増えるとは限りません。

そのダイエットにおいて一番重要になるポイントとなる筋肉を増やすには、“化学的要素”(成長ホルモンの分泌)と、“物理的要素”(重力環境適応特性・適量負荷)が条件が必要になります。

残念ながら加圧トレーニングにおける筋トレには“化学的要素”しかありません。つまり、筋トレといえども基礎代謝量が上がるほどの筋肉量が増えないわけです。基礎代謝量が上がらないとなれば下記のダイエットの基本原理にもあるようにダイエットは大変効率悪くなりダイエットは成しえないともいっても過言ではありません。なぜなら、身体において脂肪を燃やしてくれる機関は筋肉しかないからです。筋肉が多くなれば、たとえじっとしていても脂肪がガンガン燃えます。逆に、筋肉が少なければ、いくら長時間動いても脂肪が燃えません。

残念ながら世間での認識とは裏腹に、加圧トレーニングとは、数あるトレーニングの内の、ほんのひとつのトレーニング方法でしかありません。加圧トレーニングしれば全て解決するような万能のトレーニングでもないことも分かっています。つまり加圧だけでボディメイク&ダイエットできる代物ではないのです。

見方を変えれば、加圧資格トレーナーとは、美容師さんでいうなら、カラーの資格は取ったからカラーはできるけど、カットやパーマは全くできないという状態ともいえます。本来なら、カラー、カット、パーマなど全部ができる美容師さんのが基本ではないでしょうか?ほんとうに綺麗にしてあげるなら、すべてに精通しているのが基本ではないでしょうか?

しかも加圧の場合はバンドを巻いてしびれた感じがする部位しか効果はないので、肩より下の力こぶの部位と太ももの付け根より下の太ももしか筋肉が増えません。ただ、付け加えるとしたら、加圧効果のある腕や太ももの部分には驚異的な筋肉増加効果があることは実証されています。

ところで、太ももや腕の部分は女性にとって、筋肉をつけたくない部分ではありませんか?

腕や太ももをゴツゴツしたいためにボディメイクするのでしょうか?

いくら、筋肉をつければ痩せると言えども、女性の場合は、その場所は重要です。

服が似合わなくなっては意味がないのではないでしょうか?

さらに、よく加圧トレーニングでの問題になるのは、バンドを巻いた箇所の内出血による青アザです。ご存知のとおりトップモデルの世界では、効果の限界性と青アザという点からモデル事務所側から加圧を行うのは禁止になっていることは良く知られていることです。



 ボディメイク&ダイエット基礎知識へ




↑このページのトップヘ