モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

タグ:口コミ

Models Tokyo モデルズ 東京渋谷 パーソナルトレーニング











今日も多くの方にお会いしました。

○○ダイエット、●●ダイエットジム、○○ボディメイクジム・・・

みなさん、努力できる方ですし、今も頑張っているという方もいらっしゃいました。

一人一人じっくりお話を聞いてみると・・・

でも、トレーニング内容や食事内容が的外れ・・・

的外れで頑張っている・・・

的外れな努力なのです・・・

問題はこの先。

心身共に疲れきっている方も・・・

「的外れは心をも蝕む」

というのは、言い過ぎでしょうか??

でも大丈夫!

賢い女性は賢く道を修正できる方です。

ボディメイクで何か疑問を感じたら、すぐご連絡を。お役に立てることは、パーソナルトレーナーとして、とてもうれしいことです。

女性ボディメイクとダイエットについての賢い選択方法はこちらを。

 ★ボディメイク方法

的外れな努力のせいで、心が蝕まれ完全ノックアウトする前が特におすすめです。









夏美さん、12/22スタートから2/1で、マイナス5kgに突入。体重が減ったとかサイズが下がったというのは当たり前。Happyボディメイク!Smileボディメイク! 本物のボディメイクでHappy&Smile!




モデルボディメイク モデル体型 パーソナルトレーニング 口コミ クチコミ 評判


モデルの小西博子さんです。

本物志向の彼女は、ボディメイクするにも本物を選びました。

モデルとして、さらにレベルアップするため、いま週一ペースで私がパーソナルトレーニング個人指導させていただいています。

体型スタイルの変化はもちろん、モデルウォークキングでの動きにも顕著に表れてきたようです。

そしてモデルとしてのレベルアップは顕著に表れています。

モデルさんなどカラダを商品にしていらっしゃる方の場合、痩せればよいというレベルのボディメイクでは不十分です。

そして下半身太り解消ダイエットをして・・・

なんてレベルのボディメイクは、ただの通過点中の通過点段階です。

そんなレベルのボディメイクで、モデルボディメイクといえません。

洗練されたモデル体型は完成させるにはそれ以上が必要不可欠。

なぜなら?

こちらを参照

最近ではananの撮影もあったそうで、来年は大活躍の予感です。

というか、私がもっと大活躍させてあげますという気持ちです。

ボディメイクして、さらなる飛躍でHappyを!




ロンドンオリンピックで女子重量挙げの選手の活躍には感動した方も多いことでしょう。

仕事柄、その女子重量挙げ選手の体型に目がいってしまいます。

重量挙げ体脂肪率は10%台前半。

でも、女性の場合、体脂肪が20%でも多くない方なので、10%台前半というのは驚異の体脂肪率といえます。

ただ、ここで問題なのは、10%台だろうが20%だろうが脂肪が少ない体型見えるかどうか?

逆にいえば、数字上、体脂肪率が少なくても、脂肪が付いているように見えてしまう・・・

究極的には、数字上、体脂肪率が少なくても太ってみえてしまう・・・

こんな現象が起きている・・・。

そう思った方も多いと思います。

重量挙げはある意味、一度に多くの筋肉を総稼働させる複合種目といます。

バーベルを使うスクワット、デッドリフト ベンチプレスのBIG3とは親戚。

簡単にいえば、だから、このBIG3を行えば、筋肉量が増え、体脂肪が減るというわけです。

なので、重量挙げをしていれば体脂肪率が10%台というのはうなずけること。

そういう意味でも、女性がボディメイクの際、基礎代謝上げるため、トレーニングをBIG3中心にすると、あっというまに体脂肪率が下がるのは当然といえば当然ですし、非常に賢い選択なのです。

ただ、繰り返しになりますが、

数字上、体脂肪率が少なくても、脂肪が付いているように見えてしまう・・・

数字上、体脂肪率が少なくても太ってみえてしまう・・・

私的には、これを防ぐ対策をしなければ、ボディメイクする意味はないとさえ思います。

なぜなら、体脂肪率という数字対策のためにボディメイクするわけではないわけですし。

ボディメイクの目的は見た目を良くすることこそ定義だと思います。

では、同じ背高、同じ体重、同じ体脂肪率でも、太ってみえてしまうと、痩せてみえる女性の違いとは何でしょう?

同じ背高、同じ体重、同じ体脂肪率なら、同じにならなくてはおかしくないですか?

という質問を受けることがあります。

々盤傾斜(前傾や後傾)、足首、首などの関節角度、骨格、6敍の付き方、ず険差、ゥ瀬ぅ▲乾淵誅動・・・・、これらの要素はボディメイクにおいて基本中の基本。

これらの考えがひとつでも欠ければだめというのは当然。

でもこれらだけ押さえても、体脂肪率が少なくても太ってみえてしまうのを防ぐことはできません・・・。

ここからは話が長くなるので、またの機会に。

まあ、ともかく、なぜか体脂肪率が少なくても太ってみえてしまうという方は、ちょっと思考を変えてみるのもよいかもしれませんね。





↑このページのトップヘ