モデルズModels&シェイプスShapes・パーソナルトレーナーおぜきとしあき公式 ブログ 本物のボディメイクを世界中に! !モデルズ シェイプス Models Shapes

モデルズModels&シェイプスShapesパーソナルトレーナーおぜきとしあきのブログ。モデルズModelsボディメイクスタジオ&シェイプスShapes女性専用パーソナルトレーニングジム

■ブログ移転のお知らせ。

http://ameblo.jp/modelsshapes

よろしくお願いいたします。


■シェイプスShapesについてのお知らせ

多くのお客様や、ボディメイク&ダイエットで世の中に役に立ちたいとの心から想いのスタッフパーソナルトレーナーや関係企業様には大変ご迷惑おかけしております。

本物のボディメイクで世界中をハッピーにするため、このたび、2015年秋より、Shapesシェイプスを全国に順次新たにオープンさせることになりました。おぜきとしあきの女性パーソナルトレーニングジムShapesシェイプスが新たにオープンするまで、もうしばらくの間、お待ちいただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.ozekitoshiaki.com/shapes.html
http://www.shapes.diet/

よろしくお願いいたします。

タグ:痩せる

ただ痩せるだけでは、なかなか他人から痩せたと言われない・・・。

だから、

痩せたねと他人から言われるくらい痩せないとダメかなと思ってしまう・・・

そこでがむしゃらに頑張って痩せると、

今度はオーラもなくなってしまう・・・

ここがボディメイクの難しいところ。

ちなみに、これは痩せるのをほどほどにしましょうという助言ではありません。

私的には、これはボディメイクの方法が間違っているということになります。

努力できる人ほど陥る罠のひとつですね・・・。


筋肉と脂肪はどちらが重い?

筋肉と脂肪では同じ体積だと、筋肉は脂肪の約2倍の重さがあります。

カラダのサイズは減ったのに、体脂肪率は下がったのに、体重は変わらないというのは、リバウンドしないカラダ作りのボディメイクにおいては悪くない現象といえます。なぜなら、この場合は、筋肉量は減ってないからです。

ご存知の通り、脂肪を燃やす焼却炉は筋肉しかないわけですから、その焼却炉を小さくしないカラダ作りをするのは、鉄則中の鉄則となります。


それでも、体重を減らしたい!減量したいけど何か方法は?

「脂肪はもちろん減らしたいけど、体重減にもこだわりたい」

これは当然、人間の心理でしょう。

たとえば、ブライダルのためボディメイクされる方は、体重にこだわる方が多いようです。それを、頭ごなしに、サイズさえ下がればいいのじゃないのと?片付けるのはどうかと思います。

実際は、サイズも下がってきた状態で、必要以上に体重減にもこだわると、当然、筋肉量も減り基礎代謝量も下がりリバウンドしやすいカラダになります。

それでも体重にこだわる気持ち。

女性なら、男の人にだっこされた時、「この女、なんか重いな・・」と思われたくないのかもしれませんね。

ブライダルなら、お嫁さん抱っこのシーンが待っていますし。


結論

サイズダウン→体脂肪減→体重減 が理想です。

そして、その段階を2〜3ヶ月かけて行うのが理想です。

始めに体重減にこだわりすぎると失敗のもと。



何をすればよいのか?

ウォーキング、プール歩きなどの一般的有酸素運動のみでは厳しいです。

食事改善だけでも厳しいです。

一般的有酸素運動と食事改善だけ合わせても難しいかもしれません。

脂肪を燃やす唯一の焼却炉は筋肉しかありません。その筋肉はほっておけば減るものです。それを食い止めることをしないと、ボディメイクは根底からひっくり返ることになります。


ボディメイク&ダイエット基礎知識




アルコールを飲みながら、ボディメイクやダイエットはできないか?

結論からはNG。

残念ながら、短期間で効率よくダイエットボディメイクをという点では特にNGです。

なぜボディメイク・ダイエット的にはNG?

アルコールがボディメイク・ダイエット的にはNGの理由を簡単に。

1.アルコール飲料には、糖質多く含まれている点。

液体となった糖質は、もの凄いスピードで血糖値を上昇しインスリン分泌します。インスリン分泌=脂肪溜めなさい信号ですから、脂肪蓄積ということになってしまいます。


2.アルコール自体が毒素という点

肝臓の機能には代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持などあるが、アルコールが入ると、肝臓機能が解毒優先となり、脂肪分解や筋肉合成して基礎代謝アップするなど、代謝機能に働いてくれなくなるのです。

簡単にいうと・・

アルコールは脂肪を合成しやすくするともいえます。


ここで、セカンドベスト的提案です。

現在の我々人間社会にはアルコール文化が浸透しているので、NGと分かっていても、なかなか、切り離せないのが、人間の人間らしさともいえるのかもしれません。

それなら、色々な意味でセカンドベストを考えてみるのもいいかもしれませんね。ベストは分かっていても、なかなかできないのが人間。ならば、ゼロよりはいいと考え、セカンドベストを選択するのが、実は人間にとってのベストなのではとも思ったりします。

私は、パーソナルトレーナーの仕事において、その人にとってのベストを提案するのは当然、その人にとってのセカンドベストをも考えてあげ、セカンドベストを提供することも、パーソナルトレーナーの役目だと考えております。

「カラダの変化もだけど、運動不足だから。でも一人じゃ運動しないから。どうせジム来ても何やれば効率いいのか分からないし、考えるのもめんどうだから、スペシャリストにお任せします。」ということでパーソナルトレーニングを受講しているというTさんという方がいらっしゃいます。

「今まで運動してなかったから私との定期的なパーソナルトレーニングで、お酒が安心して飲める。」とTさんはおっしゃっています。

もちろん、カラダでの化学反応からいうと、当然ながら、エクササイズしたらお酒はOKということはないです。しかし、これは、ある意味、Tさんは精神的なセカンドベストとして、効率の良い私のパーソナルトレーニングをチョイスされているのかもしれませんね。



セカンドベスト的提案はいかがでしょうか?

こういう考えは、いかがでしょう?

お酒の種類にこだわれば、上記1の点だけでは、危険度が軽減される可能性があります。

1.糖質ゼロのお酒にする。
 
アルコール度 糖質g カロリー
清酒(1級) 16.0 5.0 110
ビール 4.5 3.1 39
焼酎(25度) 25.0 0 141
ウイスキー(1級) 40.0 0 231
赤ワイン 12.0 2.0 73
白ワイン 12.0 1.5 75


糖質はゼロでも、厳密にはゼロではない点、アルコール自体にも多少のカロリーはある点、上記2のアルコール毒性を考慮して、セカンドベスト的おすすめは、良質の焼酎かウイスキー、糖質ゼロビールを少量ということになりそうです。もちろん、メーカーや商品によっては成分のばらつきはあるので、商品の成分表示なども参考にされるとよいと思います。あくまでも、セカンドベスト的発想でのおすすめなので、自己責任範囲においての参考程度にしてくださいね。


2.水分を多く取る。

アルコールには脱水作用もあるので、水は特に多くとる必要があります。


3.毎日飲むのはやめる。

アルコール量の問題もありますが、頻度の影響の方が多いものです。結論からいえば、毎日少しずつお酒を飲むより、週一回だけ浴びるように飲むという方がダイエット的には良いです。


ボディメイク&ダイエット基礎知識

↑このページのトップヘ